【イベント情報】2019年11月23日(土)~11月24日(日)豊岡市中央町にある「とゞ兵」で「Chill Mountain 料亭 de Todo bien」が開催されるよ!

「Chill Mountain(チルマウンテン)」というイベントをご存知でしょうか?

2005年に大阪の奥河内でスタートしたキャンプイベント。

キャンプイベントがベースだったのですが、音楽レーベル、シルクプリント、衣、装飾など様々な表現者で構成される団体になっていきました。

回数を重ねるごとにイベントも大きく成長し、大人気のイベントとなりましたが、様々な理由で2014年を最後にイベントはストップしていました。

その「Chill Mountain」が、なんとこの兵庫県豊岡市で5年ぶりに復活します!

今回、この「Chill Mountain」に参加するアーティスト、「Gr◯und」と「mt chills」がこの夏、世界を回る中で、アートと文化の取り組みをするという「とゞ兵」での開催を構想し 「Chill Mountain rec」から音源を出しているアーティストを召集し、復活、開催することになりました。

この豊岡に東京、大阪、和歌山、京都、仙台から、そしてアルゼンチンやエクアドルなど、海外からもアーティストを呼び寄せて、2日間に渡り、音楽ライブや雑貨、グッズの販売、ワークショップが開催されます。

その豊岡に来られるアーティストを見てみると、これはちょっとヤバイ!

豊岡のアートシーンが変わるかもしれない、2019年11月23日(土)、11月24日(日)の2日間!

「とゞ兵」内では常に音楽が鳴り続け、アートに囲まれる2日間!

まだチケットはわずかですが残っているそうなので、是非チケットをゲットして一緒に盛り上がりましょう!

もちろんワタクシ、オカダマも参戦します!

「Chill Mountain」イベント概要

前売り¥4,000、当日¥5,000(中学生以下無料)の2日間通しのとてもお得なチケットとなっています。

Open:11月23日(土)13:00~

Close:11月24日(日)18:00

出演アーティスト紹介!

全てではないですが、公式情報として発表されているアーティストを紹介させていただきたいと思います。

※もちろん「とゞ兵」さんからは許可いただいております。

Shamanic Catharsis a.k.a Pablo Vicencio

ライブ/出演:11月23日・24日

エクアドルからの来日。

Shamanic Catharsis a.k.a Pablo Vicencioは、若い時からこの地球を無限に旅し、シャーマニックヒーリングソングで私たちと地球をつなぐパーカッションサウンドを軸に、あなたの存在の深淵なるところに届けることに重きをおいてきた。

エクアドルの偉大な音楽家Mauricio Vicencioを父に持ち、若くして様々なシャーマニックカルチャーを経験、体得。

プロデューサー兼マルチパーカッショニストでもあり、自身のサウンドを求めて世界中を旅して来た。 彼は、Nicola Cruzの最新アルバム「Siku」や、Bomba Estereo Raiz(Nicola Cruz Remix)などのリミックスにもInsturumentで参加している。

昨年、Chill Mountain RECレーベルよりミニALBUM (NATEM)をリリース。

その他にもCheck Tidiane Seik, Altiplano de Chile, Minuk, R.A.I.O, Paulina Aguirre, Laurin Hill, Cinto, Wanukta Tonic, Wooden Oxen, Alberto Plaza, Skruk, と、上げるときりがないほどの大物ミュージシャンのTour、そしてAlbum制作をパーカッショニストとしてサポートして来た。

Gr◯un土と昨年チリのNOMADE FESTIVALで運命的に出会い、今年エクアドルにて2ヶ月間に及ぶGr◯un土のエクアドル滞在&制作を全面的にサポートし、JundiagoとGr◯un土と共に完成させたALBUM(Metcha Quito)をリリース。

Gr◯un土曰く、(愛おしくおどけたキャラクターとは裏腹に突き抜けた感性、触覚、挑戦力、天才ミュージシャンとゆう言葉以外の何物でもない)との事。

「Shamanic Catharsis」名義では初来日を果たす。

 

Barrio Lindo

ライブ/出演:11月23日・24日

アルゼンチンから来日。

“クンビア以上ハウス未満の微熱な横の揺らぎ”、“ラテン・アメリカのトラディショナルなフォルクローレ”のふたつの異世界に血肉を通わせた、独自のクロスオーヴァースタイルを武器に躍進を続けてきた、アルゼンチンはブエノスアイレス出身の新鋭プロデューサー。

またEl Buhoと共にレーベル「Shika Shika」および「Shika Shika Collective」を設立/運営しており、アンデスの伝統弦楽器チャランゴや、アンデスフルートをも操るカラフルなサウンドスケープで、「中南米音楽のいま」をアップデートしながらボーダーレスにシーンともコネクトを見せてきた。

自身のアルバム「Albura」、「Fulgor」などを発表し、2018年Chill Mountain RecからはCoelacanth Dance(Barrio Lindo Remix)をリリース。

VIDEOS “La Cueva” by Shame on you Ninja

“Kayak Break @ VAR” by MUSHI

 

Mon 大山 康太郎(Koutaro Ooyama)

アーティスト、音楽プロデューサー/11月23日・24日

ウツとウツツを移りゆく、意識と無意識がみる景色に、ただ酔うように漂う。

相反するものごとが生み出す物語に、かたちを与えて、絵を描いている。

この方、来年オープン予定の「とゞ兵」のカバンストリート側にできるカフェの壁の一部に壁画を描かれるんです。

本日、2019年11月18日からそのプロジェクトが始動しています。

奈良県出身。京都市立芸術大学美術学部卒。

2001年、ライブペイントデュオ「DOPPEL」を結成し、ライブペイントシーンの黎明期からそのスタイルを確立してきた開拓者である。

2014年、取り壊し予定のビルを利用したアートプロジェクト「#BCTION」 をオーガナイズし、アートディレクターを務める。

壁画・ライブペイント・インスタレーション・キャンバス制作や、アートプロジェクトの企画・監修・演出など、東京を拠点に国内外で活動している。

Music

1998年、在学中にバンド「Echo Mountain」を結成。

1stアルバム「Back Ground Music」(2002)、2ndアルバム「One More Dub」(2007)を、SF Recordingsからリリースしている。

また、バンド「The Henircoots」に参加し、1stアルバム「Talking Ensemble」(2003)を同レーベルからリリースし、その後脱退。

Echo Mountain解散後は「Yabugarashi」名義でDJとソロ・ライブパフォーマンスを開始し、これまでに、1stレコード「Rainbow Stitch」(2009)、2ndレコード「Creative Ape」(2009)を、自身が運営するレーベルVVVからリリースしている。

Art

2001年、ライブペイントデュオ「DOPPEL」結成。

DOPPELとしてこれまでに、ポートランド・NIKE本社内 Resource Library(2007)、東京・Facebook Japan本社エントランス(2013)、などで壁画を制作し、マクドナルドW杯記念ポテトパッケージにアートワーク提供(2014)、また、火の鳥、エヴァンゲリオン、ウルトラマン、初音ミクとのコラボや、DMC JAPAN FINAL(2006)など音楽イベントでのライブペイント、数多くの企業コラボなど、アンダー/オーバーグラウンドを自由に行き来して活動している。

NHK BSプレミアム「極上美の饗宴」にて曾我蕭白と相対する現代の作家として紹介される(2012)。

2011年、東京・恵比寿にアートスペース「SPES-LaB」をプロデュースし、#BCTION開催に至るアートディレクターの活動を開始する。

2012年、アートコンテンツ「TRY&ERROR」をプロデュースし、多くのアーティストを巻き込んだライブペイント・パフォーマンスや壁画、映像などを発表。

その後、Facebook Japan本社内壁画(2013-2014)、バンコク「SOI Project」(2014)を監修。そして2014年、取り壊し予定のビルを利用した国内最大級のアートイベント「#BCTION」をオーガナイズし、以降、#BCTIONのアートディレクターとして、ワークショップコレクション11 in シブヤでのフリーウォールアート(2015)、静岡・Omachi創造計画での巨大壁画(2018)、MAGNET by SHIBUYA109での非常階段壁画およびフリーウォールアート(2018)、などを監修する。

代表的なシリーズ作品として、360℃壁画シリーズ「NEXTEFX」をこれまでに、大阪・Galaxy Gallery(2009)、東京・麹町画廊(2010)、松戸アートライン(2010)、恵比寿・SPES-LaB(2011-2013)、京都・BnA Alter Museum(2019)で発表している。

また100㎡を超える巨大壁画、飯田橋・VATES(2016)、渋谷・MAGNET by SHIBUYA109(2018)や、京都・BnA Alter Museum(2019)をはじめ、数々の壁画を企業オフィス、ショップ、個人宅に描いてきた。

2016年より、十二支のイラストシリーズ「12 East Asian Zodiac」を継続して発表している。

 

Kabamix 椛島 隆(Takashi Kabashima)(LMD)

サウンドデザイナー/11月23日・24日

純和風の格天井と畳仕様の大宴会場で、ここでしか味わえない音を体験。

大阪在住。

ライブミキシング、レコーディング、マスタリングエンジニア。

細野晴臣USツアー、YMO再結成 in ロンドン2018、OOIOO、Barrio Lindo(ShikaShiKa from EU)、Gr○un土などのエンジニアリング、band ALTZ.Pのメンバーとしても活動中。

近年はVR、プロジェクションマッピングのサウンドデザインなども手掛ける。

 

YAMA (PRHYTHM)Yama Pyramid

DJ/出演:11月23日・24日

’94年よりDJ活動を開始。

90年代最先端レコードショップの一つだったDMR大阪での勤務後、大阪のレコードパワースポットnewtone recordsでオープン時からバイヤーとして活躍し、現在もスタッフとして在席している

20~21世紀移行前後にEYEとの大阪伝説のパーティー「eep」をオーガナイズ、日本のパーティシーンに大きな衝撃を与え語り継がれる「FLOWER OF LIFE」に参加。2009年の皆既日食パーティー「L.S.D TOUR」や2012年の金環日食パーティー「MUSICO 6」など、壮大なプロジェクトにも参加している。今年2019年オーストラリアバイロンベイVitamin QのパーティでのDJも多くの反響を呼んだ。

ミックスCDにはCosmicLabより「SoaR」「Before the Wind」、BLACK SMOKERより「Cycle」、RaBiRaBiの過去音源を使った「Love goes on, Life goes on, Music goes on… 」などをリリースしている。

フリースタイルなプレイで、さまざまなスタイルのパーティーにゲストDJとして呼ばれては、その場の雰囲気を意識しつつも「好きな音」をプレイし続けている。

 

Mamazu

DJ/出演:11月23日・24日

90年代中期頃からDJとして活動を始める。

今は無きclub青山MIXの洗礼を浴び音と人、空間に触発され多種多様な音を吸収。

小箱から大箱、野外まで独自の視点で形成される有機的なプレイを続け、今を踊らせる。

トラック制作では幾つかの SkateDVD に楽曲を提供。 2018年に大阪の GROUND 主宰、Chill Mountainから「ENCHANT」をデジタルリリース。

Brazil の Tropical Twista Records や Germany の SHIKA SHIKA からは France の Alizarina とのセッションを構築した楽曲を立て続けにリリースした。

自身の HOLE AND HOLLAND からは 4 曲入りの 12 inch ep “NEW LIGHT EP” をリリースし、Nicola Cruz や Rafael Aragon とも共鳴、 10inch vinyl で Remix がリリースされた。

また BLACK SHEEP の COGEE . SUNGA とのライブユニット「DELTA THREE」では SYNTH や SE を担当し、2枚のコンピレーションで楽曲を発表。

J.A.K.A.M. aka Moochy や CHURASHIMA NAVIGATOR , ZEN RYDAZ , Sakiko Osawa の Remix も継続的にリリースされ、それらの楽曲は Andrew Weatherall をはじめ Acid Arab や Altz , Dengue Dengue Dengue , Eye , Jane Fitz , Kaoru Inoue , Nicola Cruz もスピン、国内外問わず世界各地でフロアを揺らし Trackmaker としての実力も証明した。

また SON OF THE CHEESE や BEAMS , Journal Standard , Russian の “Amateur Exotic” , Seoul の “Tonal Unity” へ MIX を提供し、2017/12月には HOLE AND HOLLAND の楽曲のみを使用したレーベル・ショーケースとなる MIXCD アルバム「MAGIC NUMBER」をリリース。

Tastee T Productionからは自身初となる Mixtape「EXOTICA」をリリースした。

2019年にはFuji Rock FestivalやBoiler Room,NTS Radioにも出演している。

 

Gr◯un土 a.k.a Ground

DJ/出演:11月23日・24日

2003年頃より大阪Club FireFlyにてDJ活動を開始。

世界各地で出会った音をインプットし、ダンスフロアにアウトプットし続けるNomad DJ。

国内外各地大小様々なCLUB、LIVEHOUSE、BAR、CAFE、フェス、神社、トンネル、TV展望台、
、ドイツ(ベルリンのイリーガル&リーガルCLUB、ケルン、ハンブルグ、ミュンヘン)、ハンガリーブダペスト(D SOUND9、ポーランド、フランス、ベルギー、メキシコ、タイ、ベトナム、台湾、韓国、イビサ島、ブラジル、チリ、アメリカ、カナダ、ドイツ、クロアチア、オーストリア、スイス、イスラエル、エクアドルを巡業。

カナダShambahara Music fes(2年連続)、チリ&ケルンNomade fes、ブラジルVoodoohop fes、ドイツMelt fes 、Pangaea fes、アメリカ カリフォルニアPriceless fes、エクアドル Elementum fes、クロアチアGoulash Disco fes(2年連続)、イスラエルSolarium fes、スイスNIFF fesに出演。

デジタルレーベル(Chill Mountain Rec)をKabamix、Mt.chillsの協力の元運営。

世界、国内で出会い見つけた数々の才人をドロップ&リリース。

自身の楽曲制作では様々なスタイルの楽曲、REMIX作をリリース。

その曲数は120曲を超える。

2018年、L.A拠点のレーベル(ESPinstutite)よりワールドデビューALBUM(SUNIZM)をリリース。
ALBUMから異例の二枚のシングルカット(Logos EP)(Follow Me EP)もリリース。

海外からのRelease オファーやRemixオファー、彼に対するラブコールは後を絶えず、11月22日発売のNicola Cruzの(SIKU REWORK)にもREMIXERとして抜擢。

2019年初旬、エクアドルはキトにて2ヶ月間の滞在の末に完成された、現地ARTIST(Juan Diego Illescas, Shamanic Catharsis)との共同制作EP(Metcha Quito)をリリース。

その続編となる(Metcha Quito vol2)は11月16日にChill Mountain Recよりリリース予定。

 

Tossy(Tossy Nagai)

DJ/出演:11月23日・24日

2010年から 数年間 大阪九条で 食と音の場 クジラウオを営む。

その後、compilationやDJmixなどの音源をReleaseしながら 日本各地の楽しい場所に出没中。

genreLess&crossoverなMIXで その場の雰囲気で world fusion,ethno,organic,house,民族音楽,民謡,などを紡ぐfreestyleDJ。

和歌山に移住後、2018年からヨハンオーカタとminimalでTRANCYなtribal dance musicユニット shermony を結成、活動開始。

 

AWA – 浮宙

衣服/出店:11月23日・24日

Mt.chills とSILKLOADするスクリーンプリント仲間であり、天然素材を中心にユニセックセックスな衣服をつくる彼ら。

シーズンに沿ったコレクションを発表し続ける傍らで、過去には、RabiRabi Azumiさんの衣装を2年担当させてもらったり、GroundのDJ巡業衣装をつくるなど、音楽シーンとも心地いい距離感で表現し続けるAWA。

 

Les chats

雑貨/出店:11月23日・24日

2009年より、STARTしたLes chats(レシャ)。

フランス語で猫という意味のchat 。

猫のように気ままで自由奔放な、愛らし女性の為に送るハンドメイドブランド。

日常使い出来るもので、毎日がワクワクする。

会話の糸口になるような、ちょっと目が行くアイテムを世界中から集めたファブリックやパーツを使って製作しています。

 

atelier mignon(アトリエ ミニョン)

ワークショップ/11月23日・24日

Kids craft workshop、「スノードーム をつくろう」。

キッズスペースにて子ども対象のワークショップを行います。

ビン、粘土、お気になれに入りのモチーフを自由に使ってスノードームを作って持ち帰って頂きます。

ガラスの世界にキラキラ雪が舞う、ロマンチックで楽しい製作を一緒に楽しみましょう♪

  • 講師:PEI(https://www.instagram.com/pei_mignon
    幼稚園教諭歴11年。現在はアート教室講師として関西の幼稚園、保育園で絵画とクラフトの指導をしています。
    こども達から日々得る感覚を大切にし、自身もmignon、EMERALDPARKS とゆう名でお部屋飾り「first color mobile」やフェルトアロマソープなどものづくりもしています。
  • 参加費:1000円
  • 製作時間:30分~1時間
  • 各回定員:10名
  • 日時:11月23日(14:00~、16:00~)11月24日(11:00~、14:00~)

※当日参加も可能ですが予約優先制とさせていただきます。

※3歳以下のお子様には保護者の方のお付き添いをお願いします。

▼予約方法

info.chillmountain@gmail.com」宛に予約メールをお送り下さい。

メール件名に「キッズワークショップ参加希望」

本文に

  • 参加されるお子様のお名前
  • 年齢
  • 希望時間の番号
  • ご連絡先

をご明記ください。

 

Hoop

雑貨/出店:11月23日・24日

フラフープをツールに遊び心を追い求め始めた手作りブランド「hoop」。

個性的なセレクトショップや出店など精力的に活動を続け、好奇心と遊び心をモットーに活動エリアを拡大中。

たわいもない日常、日々の刺激から生まれたアイデアはどこか幻想的でアヴァンギャルドでもありながらも身につけるものを拒まない普遍さをあわせ持つ。

独特なデザインや柄の組み合わせ、配色にグッとくるファンが急増中。

https://www.instagram.com/hooop/

 

ちるやま もも(クジラウオ)

雑貨/出店:11月23日・24日

1981年 和歌山産まれ 大阪育ち。

幼い時から 手先 指を動かすことが好き。

1999年 伝統工芸と機織り 染色を学びながら、アパレルブランドのファッションショーにて、布 羊毛を編んだ作品を使った装飾を始める。

その後、1年半日本世界各地の伝統工芸を見つめる旅に出て 帰国後 装飾をre:start。

2005年、大阪河内長野にて野外camping party chill mountainにて初めての野外装飾を経験。

2006年、chill mountainのデコレーターとなり装飾 野外 キャンプ 自然DIYに焦点を置く。

自然の中に 色を入れること 大きなものをつくることに 喜びを感じる。

2013年、和歌山に移住。

自然、植物の美しさに感動!装飾はセレモニーだと 実感。

剪定から出た植物や木の実、蔦、流木などの有機物をマテリアルに加え、布と有機物を使い空間にコラージュする。

布をひたすら垂らす 布の森。

布で善玉菌が次々に増殖する様子をあちらこちらで表現する善玉菌糸装飾。

広がりは無限大!

空間中に広がって繋がって あなたの菌を愛してる。

数珠繋がりで、あちらこちらの音楽party、展望台や結婚式、家の一角、JA農業祭り、野外イベント、インドネシア、バリでのヨガリトリートホテルなど様々な場所で 脚立を相棒に装飾中。

お瓶づめ屋 クジラウオ

自然豊かな 和歌山県有田の小さい台所で作っています。

自分や友達 知り合い など 作った人の顔がわかる安心な材料を使い 美味しいものを作る!が目標。

まだ全てではありませんが 少しづつ進行中◎

良いアーモンドをひたすら 探しています!情報求む!

オススメは ナッツ盛り盛り 辛くない食べるラー油に 腎をあたためる鉄火味噌 。と毎回季節が変わる度に作る 季節スペシャル!

ぜひ一度 試食してみてください◎

藍染のおびんづめの 小さいのれんが目印です。

https://www.instagram.com/kujirauo/

 

oltwax&gram

雑貨/出店:11月23日・24日

岡山県の郊外にあるセレクトショップです。

https://www.instagram.com/oltwaxgram/

 

参加アーティスト一覧

Artist

Sound Design

Deco

Liquid Light

Shop(A to Z)

Kids craft workshop

Art Work

・・・and more

こちらの情報が全てではありません。

参加アーティストも増えているそうなので、当日のお楽しみ!

注意事項

  • 会場は歴史的建造物になりので、皆様、大事にご利用ください。
  • 会場は土足厳禁になります。
  • 喫煙場所は指定場所でお願い致します。
  • 城崎温泉まで車で約20分、城崎温泉はタトゥーOKの温泉場です。
    http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/yumeguri/4.html
  • お子様連れも大歓迎です。簡易ではありますが、キッズルームもございます。
  • 会場は、一部、畳を使用しており、ブランケットや寝袋お持ち頂けたら、お座敷で雑魚寝スペースも有ります。
  • 室内ですが、旧料亭になりますので、夜間は足元が冷え込むと思われますので、靴下2枚履きなど、防寒対策をオススメいたします。
  • 自然災害等以外ではチケットの払い戻しはでき兼ねますので、ご了承ください。

「Chill Mountain」イベント詳細ページ

とゞ兵

〒668-0033 兵庫県豊岡市中央町18

art collective toyo-oka(HIDE OUT GALLERY)のインスタグラム:https://www.instagram.com/hide_out_gallery/

とゞ兵マーケットインスタグラム:https://www.instagram.com/marketta_toyooka/

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
関連記事
by