城崎温泉グルメ・Cafe Lamp eye(カフェ ランプアイ)の「ショコラワッフル」が美味い!コウノトリが見れるかもしれない「ハチゴロウの戸島湿地」もおすすめ!

いつもにぎやかな城崎温泉には、本当に多種多様、いろいろな飲食店があります。

そんなにぎやかな城崎温泉街からはちょっと離れた場所、城崎温泉駅から見える円山川を挟んだ向こう側の静かな城崎町楽々浦に、とてもシックでアンティークな古民家を改装したおしゃれなカフェ&スイーツの専門店があります。

それが今回紹介させていただく「Cafe Lamp eye(カフェ ランプアイ)」さんです。

鮮やかなグリーンのキャンピングカーで、いろいろなイベントに出張されていたので、存在自体は知っていたのですが、お店には行ったことがありませんでした。

ワッフルとコーヒーとカレーがとても美味しいと聞いていたので、今回の訪問はすごく楽しみでした!

城崎温泉にあるカフェ「Cafe Lamp eye(カフェ ランプアイ)」に行ってきたよ!

今回は仕事の打ち合わせ場所として訪問させていただきました。

▲川(円山川)の向こう側に見えているのがにぎやかな城崎温泉街。

円山川を渡った反対側。

あまり建物はありませんし、人もいません。とても静かなところ。

看板があり、細い道をちょっと進むと山小屋のような建物が見えます。

そこが「Cafe Lamp eye」さんです。

看板もとてもおしゃれ!

入り口からドアを開けて入ると、土間のような場所にテーブルが数席。

雑貨や雑誌なども置かれています。

打ち合わせをするお客さんが先に来ているはずなのですが見当たらず、ちょっとだけ挙動不審な感じになっていましたが、奥からお店の方が出てこられて「こちらからどうぞ」と扉を開けてくださいました。

奥にも客席がありました。

そしてお客さんも見つかりました。笑

扉を入ってすぐのところにキッチンとカウンターがあり、こちらにもゆったりと座れるソファー席が数席ありました。

テーブルやソファー、照明なんかもアンティーク調で良い感じです。

冬季限定「ショコラワッフル」が美味い!!

先に座っておられたお客さんと、仕事の話を進めながらメニューを物色。

先に言うておきますが、ちゃんと仕事の話はしてますからね…!!

絶対にワッフルは食べようと思っていたので、一番最初にあった「2種のベリー&クリームチーズ」というワッフルとコーヒーをオーダー。

オーダーした後も、いろんなメニューがあるなぁ、とメニュー表を眺めていると、「冬季限定 ショコラワッフル」を発見!!

「ラムシュ香る大人のビターチョコレート」だって。

もうオーダーしてしまってましたが、急いでキッチンに向かい、店主さんに

「こっちに変えてもらえますか?」

とお願いすると、快く変更してくださいました。

ありがとうございます!!

やっぱり「限定」は食べておくべきでしょ。

お客さんに恥ずかしいところを見せてしまいましたが、ご愛嬌ということで。

ほどなくして到着。

これは…、めっちゃ美味そう!!

「Cafe Lamp eye」さんは、コーヒーにもとてもこだわっておられます。

厳選したコーヒー豆を自家焙煎し、注文が入ってから挽いてくれるそうですよ。

というわけで、いただきます!!

濃厚なチョコレート、生クリームもたっぷり。

サクサクのワッフルと、生クリームとアイスを一緒に一口で。

美味いに決まってますよね!

すごく美味しい!

コーヒーも香りがとても濃くて美味しかったです。

ワッフル自体、久々に食べましたが、ワッフルってこんなに美味しかったっけ、と思うくらいとても美味しかったです。

これはまた、別の種類も食べてみないといけませんね。

美味しいワッフルとコーヒーをいただきながら、しっかりと打ち合わせ。

最初は僕たちだけでしたが、お昼近くになると、ランチ目的のお客さんが、バタバタと数組入ってこられました。

この日のランチはパスタでしたね。

カレーも美味しいと聞いているので、今度はまたランチをいただきに来ようと思います。

「Cafe Lamp eye」さんのワッフルの他にもサンドイッチなどもあります。

これらはテイクアウトもできるので、気軽に楽しむことができますね!

夏はかき氷もされているみたいですよ。

「ハチゴロウの戸島湿地」もお見逃しなく!

天然記念物の「コウノトリ」を保護をして野生に返すことに成功したことで有名な豊岡市。

その「コウノトリ」を比較的高確率で見ることができるのがこの「ハチゴロウの戸島湿地」です。

「Cafe Lamp eye」さんの向かいにある施設。

入館は無料です。

2002年8月5日に、一羽の野生コウノトリが豊岡にやってきた。

八月五日にちなんで「ハチゴロウ」と呼ばれた彼は、ミズアオイ咲き乱れる城崎の湿地を好み、来る日も来る日もエサをついばんだ。

息を呑むような美しい光景だった。

彼は、今はもういない。

そしてその死後、乾田になるはずだった水田は、人々の思いとともに、新しい時代の湿地となって生まれ変わった。

「ハチゴロウの戸島湿地」として。

※「ハチゴロウの戸島湿地」のパンフレットより引用

「Cafe Lamp eye」さんからの帰りに、せっかく来たのでちょっとだけお邪魔しました。

望遠鏡が置いてあるし、コウノトリがいれば、室内のモニターにズームして映してくれます。

伺った日も、たまたま一羽いました。

ラッキー!!

スタッフさんがコウノトリの説明をしてくれたり、コウノトリの資料がたくさんあるので、コウノトリ復活への取り組みを是非見学してみてください。

というわけで、今回は城崎温泉にある、ワッフルとコーヒーが美味しいカフェ「Cafe Lamp eye」さんを紹介させていただきました。

あと、野生のコウノトリが見れるかもしれない「ハチゴロウの戸島湿地」もね。

美味しいワッフルとコーヒーをいただいて、「ハチゴロウの戸島湿地」を見学する。

このコースを是非!

「Cafe Lamp eye」さん、「ハチゴロウの戸島湿地」おすすめです!

また絶対に行きまーす!

その他の城崎温泉グルメはこちら

Cafe Lamp eye

〒669-6111 兵庫県豊岡市城崎町楽々浦字深原442番地

TEL:080-5717-4380

Cafe Lamp eyeのWebサイト:http://www.cafe-lamp-eye.com

*営業時間・定休日・メニュー等は公式情報を確認してね!

ハチゴロウの戸島湿地

〒669-6103 兵庫県豊岡市城崎町今津1362

TEL:0796-20-8560

ハチゴロウの戸島湿地のWebサイト:http://www.hachigorou.com/

*営業時間・定休日・メニュー等は公式情報を確認してね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
関連記事