2018-09-20

Amazon プライムビデオ オリジナル「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE エピソード1」が面白い!

【9月19日配信スタート】松本人志が繰り出す、ドキュメンタルに続く新企画。8人の参加者が「氷の塔」へ集結。その塔の中で起こるすべての出来事に驚くことなく、戸惑うことなく、微動だにせず耐え、動かなかった者だけが、塔の頂上を目指すことを許される。必要なスキルはなし。ただ動かなければいい。しかし、想像を絶するナンセンスで過酷な試練が参加者を襲う!精神と肉体の限界を超え、動かずにいられるのは誰だ!?

Amazonプライムビデオより引用

 

Amazonプライムビデオオリジナル、ダウンタウン松本人志プレゼンツ「FREEZE」が9月19日より配信スタート!

面白かった!!

夜中に一人でスマホ抱えながらゲラゲラ笑ってしまいました。

ほんと、松ちゃんは色々考えるなぁ。すげー。

はい、そうです。
ワタクシ、オカダマ、奥さんともどもダウンタウン、めっちゃ好きです。

前回の「ドキュメンタル」も全て見て、色々な場面で腹が捩れるほど笑ったのですが、今回の新シリーズ「FREEZE」もかなり笑いました。

毎週TVでやってる、「ガキの使いじゃあらへんで」の中であった、「ノーリアクション王」の豪華版みたいな感じですね。

参加者は、フットボールアワー 岩尾望、安田大サーカス クロちゃん、南海キャンディーズ しずちゃん、鈴木奈々、ダイアモンド・ユカイ、FUJIWARA 藤本敏史、ボビー・オロゴン、諸星和己の8人。

今回の「FREEZE」は芸人ばかりではない、というのが、前回の「ドキュメンタル」とは違っているところ。

この8人が、密室に入れられ、「FREEZE」がスタートします。

ルールは単純。

「FREEZE」という合図が鳴ると、参加者全員動いてはいけない。
もちろん、話したり笑ったり、声を出すのもダメ。

ただそれだけ。

止まっている参加者を動かそうと、色々な仕掛けが繰り出されます。

ラジオの放送室時代から松ちゃんが言っていた、「笑いは緊張と緩和」、単純だけどこれが今回の「FREEZE」という企画に凝縮されていると思います。

最後まで残ると賞金100万円。

エピソード1は予選で、8人の参加者のうち2人が脱落。

今後はまた別の8人で予選をするのか、それとも脱落した2人分、新しいメンバーが入ってくるのかは分かりませんが、また楽しみな番組の配信がスタートしました。

「FREEZE」は毎週水曜日、新しいエピソードが配信されます。

来週も楽しみです!

「FREEZE」を見れるのは、Amazonプライムに登録した方だけ!

まだ登録していない人は「30日間無料トライアル」に申し込んで、是非体験してみてください!

「FREEZE」は無料トライアル期間中でも見れますよー。

で、Amazonプライムに登録したのであれば、Amazon「Fire TV Stick」を購入して、自宅のTVでAmazonプライムビデオライフを楽しんでみてはいかがでしょうか!

関連記事:Amazon「Fire TV Stick」が快適すぎるよ!

あと、「FREEZE」の松ちゃんが話す場面の要所要所で、声だけですが、ラジオ放送室を一緒にしていた、高須光聖氏の声が聞こえたのが、これまた嬉しかった!

あの笑い声は独特、すぐ分かる!笑

「FREEZE」ほんと面白かったです!
ぜひぜひ!

関連記事