2018-07-22

2018年 第48回 北近畿音楽研究発表会に娘が参加したよ!

ピアノを習いはじめて約1年の娘。

週に1回30分、ピアノ教室に通っています。

度胸試しにと、豊岡市大磯町にある、じばさんセンターで行われた、ピアノの発表会に参加してきました。

まだまだ人前でピアノを弾けるレベルではないのは重々承知していましたが、先生からの推薦と、どうせならやってみたら、という僕たち親からの説得で、やってみようかなぁ、と承諾したのが約2ヶ月前。

猛練習…、とまではいきませんが、日々課題曲を練習して、発表会前日には、娘曰く、

「もう完璧!」

とのことで、当日を迎えました。

約200人くらいの観客の前で弾くことになる、と分かった娘。

口には出しませんでしたが、ちょっと緊張しているのが分かります。

そりゃそうです。
人生初の人前でのピアノの発表。

なんとか緊張を和らげてあげようと、いろいろ話しかけてみます。
一緒に聞きに来てくれた、祖母も、

「失敗してもいいんだよ、止まってもいいから、ゆっくり最後まで弾くんだよ。」

と、ぎりぎりまで話していてくれてました。

あっという間に娘の出番。

ピアノの先生が、ステージの袖で見守ってくれてました。

僕たち親も初体験。
奥さんも僕も、かなり緊張していましたが、ステージにあがった娘は意外にも落ち着いている様子。

きちんと礼をして、ピアノの椅子に着席。

一呼吸置いてから、課題曲を引き始めました。

娘の前の子たちは、ちょっと失敗したり、詰まったり、リズムがずれたりしている子もちらほらいましたが、娘は失敗することなく、最初から最後まで、練習通りに弾き終えました。

さすが「完璧!」と言っていただけのことはある。

奥さんも僕もびっくり。
すごく感動しました。

ほんの1分間くらいの演奏でしたが、奥さんは感動して泣きそうになったと。

ステージから下りてきた娘は、緊張が解けたのか、ものすごく安心した顔でニコニコしながら小走りで駆け寄ってきました。

「緊張した?」

と娘に聞いてみると、

「んー、分からん!でも上手に弾けてよかったわ!」

と嬉しそうでした。

本当に上手に弾けていたと思います。

ピアノの先生からも「とても良かったよ!」と誉められました。

他に出演していた人たちの演奏もしっかり聞いて、

「もっと弾けるようになりたい!」

とやる気もでたようです。

僕たち親にとっても初めての発表会。

娘の成長を垣間見える、とても有意義な楽しい一日でした。
ほんとよく頑張った!

また来年も出演しようねー!

関連記事